トップ  > 所長ブログ  > 18歳未満の深夜残業について

18歳未満の深夜残業について

質問  18歳未満のアルバイトスタッフは、深夜業が出来ないため、シフトを22時までにしています。ところがタイムカードの打刻が22時を回ってしまったため、勤怠記録上は深夜業をしていることになってしまいました。
どの様な対応をすべきでしょうか?

回答  ご存知のとおり、18歳未満の年少者は労働基準法61条により、深夜業(22時から5時まで)をすることが禁止されています。

そのため、22時を回って勤務させることは出来ません。今回の場合、そもそも22時以降の打刻が「勤務」に該当するか、は議論の余地がありますが、打刻ベースで労務管理しており給与計算しているのであれば、少なくとも22時以降の給与支給については、深夜業の割増計算をした上で支給すべきとなります。


続きをみる


※このページは、下記URLと重複しています。ご了承ください。
18歳未満の深夜残業について(https://note.com/560consultant/n/nd5eec80244d2
五郎丸経営労務事務所
 〒830-0032
 福岡県久留米市東町1-11-202
 TEL:0942-65-5115 FAX:0942-65-5169
 Email:560consultant@gmail.com

 お気軽にご相談くださいませ。
   無料相談はこちら    >>無料相談フォーム
 お問い合わせはこちら  >>お問い合わせフォーム

五郎丸 秀太

〒 830-0032

福岡県久留米市東町1-11イーストヒルズ202

TEL:0942-65-5115

FAX:0942‐65-5169