トップ  > 所長ブログ  > 社会保険資格取得時の標準報酬月額について

社会保険資格取得時の標準報酬月額について

年金事務所の調査の際に、チェックポイントはいくつかありますが、資格取得時の標準報酬月額が適正か、という点が確認されます。

資格取得時の標準報酬月額の決め方は、厚生年金保険法第22条が根拠となります。

ここで注意したいのが、上述第22条2項の「日、時間、(中略)によって報酬が定められる場合」です。
これには残業手当も含まれるため、月給の方や、シフト制の方は、その所定労働時間での給与のみならず、残業代も見込んで資格取得時の届出をしなければなりません。

ここが漏れていて、実際に残業代が出ていると、結果論ですが、そもそも見込みが間違っていたのでは?と指摘される可能性があります。

もちろん見込みが残業はゼロが適正で、たまたま残業が発生してしまったということもあるでしょう。
この様な場合は、その見込みの根拠等を調査時に示す必要があると思います。

意外と見通しがちな資格取得時の標準報酬月額の決め方について、改めて確認しておきましょう。

五郎丸経営労務事務所
 〒830-0032
 福岡県久留米市東町1-11-202
 TEL:0942-65-5115 FAX:0942-65-5169
 Email:560consultant@gmail.com

 お気軽にご相談くださいませ。
   無料相談はこちら    >>無料相談フォーム
 お問い合わせはこちら  >>お問い合わせフォーム

五郎丸 秀太

〒 830-0032

福岡県久留米市東町1-11イーストヒルズ202

TEL:0942-65-5115

FAX:0942‐65-5169