トップ  > 労働者災害補償保険法  > 労災保険上の「治癒」について

労災保険上の「治癒」について

おはようございます、五郎丸です。

最近飲みごとが多くて体重が増加気味です(-_-;)
こんな時は体調管理に気を付けねばなりませんね。

さて本日の労災のテーマは

「痛みがあっても治癒ってどういうこと?」

本日のテーマは私が社労士の勉強をしていて驚いたことのひとつです。

実は労災保険上の「治癒」とは「全治、完治(完全に治る)」とは異なります。

労災保険上の「治癒」とは

「当該負傷又は疾病に対して医学上一般に認められる治療を行っても、その治療効果を期待しえない状態に至った状態」

を言います。

労災保険上は「治癒」を境にして給付が切り替わります。痛みが残っているけど、「治癒」なら給付がされなくなる!というわけでもありません。

もし上記なような状況でお困りでしたらお問い合わせくださいませ。

ホームページは↓からどうぞ。
福岡県久留米の社労士 五郎丸経営労務事務所

このブログは以下の書籍を参考に書いています。
(労働災害・通勤災害のことならこの1冊 自由国民社 河野順一著)
五郎丸経営労務事務所
 〒830-0032
 福岡県久留米市東町1-11-202
 TEL:0942-65-5115 FAX:0942-65-5169
 Email:560consultant@gmail.com

 お気軽にご相談くださいませ。
   無料相談はこちら    >>無料相談フォーム
 お問い合わせはこちら  >>お問い合わせフォーム

五郎丸 秀太

〒 830-0032

福岡県久留米市東町1-11イーストヒルズ202

TEL:0942-65-5115

FAX:0942‐65-5169