トップ  > 労働者災害補償保険法  > 労災保険給付と退職日の関係

労災保険給付と退職日の関係

おはようございます、五郎丸です。

3連休最終日ですね。今日は勤労感謝の日。楽しんでまいりましょう~。

本日(2015年11月21日)のテーマは

「定年によって保険給付を打ち切られるのか」

業務上災害でケガをして、病院で治療してもらうことを”療養補償給付”といいます。

例えば8月31日が定年退職の予定日で、8月29日に業務上災害でケガをして2週間入院して療養補償給付を受けているとします。

上記事例の場合8月31日を期限に労災の保険給付は打ち切られるか?という問いですが

答えは「保険給付を受ける権利は退職によって変更されるものではない」(労災保険法第12条の5第1項)です。

また休業中の所得補償として支給される”休業補償給付”も当然に支給されます。

ご不明な点がございましたら↓までお問い合わせくださいませ。
福岡県久留米の社労士 五郎丸経営労務事務所


五郎丸経営労務事務所
 〒830-0032
 福岡県久留米市東町1-11-202
 TEL:0942-65-5115 FAX:0942-65-5169
 Email:560consultant@gmail.com

 お気軽にご相談くださいませ。
   無料相談はこちら    >>無料相談フォーム
 お問い合わせはこちら  >>お問い合わせフォーム

五郎丸 秀太

〒 830-0032

福岡県久留米市東町1-11イーストヒルズ202

TEL:0942-65-5115

FAX:0942‐65-5169